不動産担保ローンを上手く活用することが出来ました

景気が持ち直してくれて受注が急激に伸びたという事が良かった

不動産担保ローンを上手く活用することが出来た景気が持ち直してくれて受注が急激に伸びたという事が良かった重要なのは事業の収益性の計算や将来性の見込みのプラン不動産担保ローンを子供の教育資金に利用して大正解

大学生になる子供の教育資金をどのように工面しようかと考えていたところでしたが、最終的に不動産担保ローンの利用を決めました。子供に負担をかけることとなる奨学金は利用したくないという点と、通常の教育ローンと比較したところ有担保ローンであることで利息がやや有利な条件だったことが決め手です。 自宅からは通うことができず、マンションを借りたり大学の入学金や授業料を支払ったりすることで、初年度に必要となった金額は実に250万円ほどとなりました。児童手当分の積立と学資保険などで500万円までは用意できていましたが、学費の高い私立大の理系学部ということもあって、学費が不足することも想定して借り入れを行いました。 順調に子供が大学を卒業できれば、繰り上げ返済という方法も考えていますので、その手数料もかからないということも重要なポイントです。 また、自分が利用した不動産担保ローンは使用目的が特に限定されないということもありましたので、自宅の給湯器が故障して交換した際にもその一部を使うこともできた点も助かりました。無担保型だと高い金利が弱点ですが、不動産担保ローンは利息の低さが魅力的です。上手に使うことで安心して大きな費用を賄うことができるので、利用して良かったです。